Radio屋〜Office Radio Isotope on web NEO〜・本館 TopAbout MeDrawingRaedingPokemonDojinLinksBBSBLOG
●Reading of AKO WoRks
 
OS9.2.2以前限定? 激love Macintosh
iMacと云う有能な少女
1998.10.12. wrote
 雑誌ではじめてみた印象は「ちゃ、ちゃちい??」でございました。

  やっぱりそのスケルトンな感じがどーも軽く感じられて。でも、随時情報を手に入れるにつれて、そしてそのスタイリングに慣れるにつれ…、なんだか妙に可愛く思えてきたマシンです。ありがちな「とりあえずスケルトン」でないことも解り、うちのじーさん程でないにしろ、結構ラヴ?に思えてきたのです。そんなおり、妹がこのimacを購入することになって、「おお、このマシンを触れるやん、わし」とうきうきな気分になったのでした。実際に手元に届いたimacは、店頭で触るのよりもより一層可愛さが増しています。ボンダイブルーの落ち着いた透明感とホワイトの涼しげだけど冷たくはないその質感に、結構惚れ惚れ。なんと云ってもキーボードのキーの濃いグレーがいいっす。しっかりスケルトンだし。でもキータッチは、んーーーーーーと云う感じであまり好みじゃないっす。キータッチに関してはうちのメインマシンの7600/120につけてある拡張キーボード2のタッチが一番好きっす。じーさんのキータッチもかなり好き。やるな、パンタグラフメカ。

  …脱線脱線。imacの話だった。imacで一番驚いたのが、電源ケーブルまでスケルトン!というそのこだわりです。もー、ここまでやってくれちゃうと、もう何も云うことなく、手放しでほめちゃうっすよ。…でもあの付属のあのマウスは使いにくい…。デザインはすっごいいいんだけど…。まぁ、私が使うマシン、というわけでもないし使い勝手に関しては私がコメントしても無意味だけど。…とにかく、imacはその実物に触れると、なんだかんだいいながらも、やっぱりいいっすよ!

 さて、そんなimacですが、ひとまずうちの環境では特にこれと云って問題はないと思うです。うちのコンピュータ環境を一通り述べますと、私が初めて手にした給料で初めて手にしたコンピュータ『EPSON386GS』。彼は現在も、草の根パソコン通信のホストマシンとして現役ばりばりで活躍中のDOSマシン。愛着ある奴です。お次は、うちのマックの代表取締役であります『PowerMac7600/120』でございます。彼にはTAがくっついてインターネットの窓口さんでもあります。お次はWindowsマシンとして、立派に娯楽環境(主にエロゲばかり…)を担当している『NEC PC98XA16』でございます。現在はっきりいってスタンドアローンな為、インターネットエクスプローラー関係はいらん!と、かなりいじってある奴です。デスクトップにアイコンが3つしかない(笑)。ゲームにしか使わないんだからいらねーよ、とレジストリから削除したっす。結構痛快、でも不安定(そらそうやわな)。んで、外出のお供の『PowerBookG3 233/13』と、私が普段接するマシンはこの4台、となります。で、imac。購入したのは妹なので、スタンドアローンで使えば?と云いたい所なんですが、妹の部屋は私の隣で、そのまんまだと電話回線に繋げない。そんな訳で、一計を案じて、私の部屋のTAに代わってダイヤルアップルーターを導入することにしました。んで、386以外のマシンは全部LANでつないじゃおうという寸法。これならプリントアウトとかも、ネットワーク経由で出力できるし、インターネットにもつなげて、とりあえずimacは生き生きしてくれる、という訳です。

 imac最大のネック、それはADBポートやSCSIポートがない、ということだと思います。それらの代わりにUSBポートで周辺機器をつなげるのですけど、いかんせん対応しているものが少なすぎる。もちろん、これから追々増えてゆくでしょうけど。だけど、スタンドアローンで使うには、結構厳しいマシンだと云えますです。上記のように、私の家の環境でしたら、何とかダイヤルアップルーターで解決できたんですが、はたして全くの初心者がimacを購入して大丈夫か?と云えば、ちょっと疑問、という気がします。時間が解決してくれるとは思うのですが、やはりどう考えても、imacは「つないでなんぼ!」のマシンの様に思えます。可愛いからいいんですけどね。だけど、可愛いだけじゃ済まない、ってのもある…。

 imacってのは、ネットワークにつないでこそ、その魅力が100%発揮できる奴のような気がします。なんと云っても、あのラブリーなスタイルにごてごてした周辺機器は似合わないですし。ネットワークに依存しながら「ふふーん☆」と満面の笑みを浮かべる奴、それが私から見たimac。イメージ的に、すんげー、「少女」な奴ですわ、彼女。云ってみれば「凄く有能で頭の回転も速いかなり可愛い中学生」が会社にアルバイトに来たけども「こちらとしてはジェネレーションギャップを感じていまいち話が通じない」と云う状況に近いのではないか、と(笑)

 「ADB?SCSI?なにそれー、よくわかんないー」「あぁ、近頃の若いもんは…っ!!」…みたいな。可愛いけども苦労する、だけど仕事させれば目茶速い。イメージは、そんな感じ。…なんだかなぁ。

 うちのじーさんだと「有能美人秘書」てなイメージな訳で、結構好対照です。そうすると、7600/120は「地味だけどかっちり仕事してくれるベテランOL」ですな。NEC PC98XA16は「とりあえず娯楽関係のことしか仕事しない総務課の遊び人(だけどそろそろ歳を気にしはじめた)」になり、EPSON 386GSは「閑職にいながらも文句を云わず仕事をする窓際のおじさん」ってな感じでしょうか。

 今、ふと想像したんですが、imacが数十台並んで導入されてるオフィスってのは、かなり危険かも。

1998.10.12.wrote


●戻る●
OS9.2.2以前限定? 激love Macintosh