Radio屋〜Office Radio Isotope on web NEO〜・本館 TopAbout MeDrawingRaedingPokemonDojinLinksBBSBLOG
●Reading of AKO WoRks
 
OS9.2.2以前限定? 激love Macintosh
エヴァンジェリスト?「おすすめくん」?
2000.05.19.wrote
変わらない日常

 何やかやしているうちに、気がつけばもう5月。…早いですよ…。悲しすぎるぐらいに、早い。それだけ忙しかったんですが…。

 HPの方はなかなか更新が出来なかったのですが、その間何をしてたかっつーと、仕事とプライベートなことでございます。その間に、iBookはスペシャルエディションが出るし、OSの方も“Mac OS 9”とかになって、マイナーバグが色々出たあげく、現在“9.0.4”ですってよ? PowerBookの方も完全に、レガシーデバイスが消えてしまったし…、周辺機器の世代交代もどんどん進んできています。

 しかし、私のマシンは相変わらず『7600/120』にテコ入れして使っております。PowerBookの方も変わらず“じーさん”こと『233/13』です。最新のOSも走らせてないし、ひたすら地道にMac道をひた走っております。

普及率の急激なる上昇について

 私のマシンが古いままでも、世間はどんどん動いていきます。インターネット人口もやたらめったら増えてしまい、猫も杓子もインターネット中毒状態。

 かく云う私も、仕事面でも、プライベート面でも「インターネットのレクチャー」をお願いされることが多く、その度に、他人様の最新機種を触っては「速いなぁ…」と溜息をつくばかりなのであります。

 日本人というか、もしかしたら“人間一般”と一括りできるかもしれないのだけども、普及率がある程度の数字を超えると、爆発的に普及率が上昇するとか。

 へぇ、そうやねんや、って感じですが、しかしなるほど、と最近とみに思います。

 Eコマースだかなんだかで株取引がらくちんになったし、それよりなにより、ここまで普及して、「簡単らしいぞ」とか「便利なんだって」とか云われ始めると、今まで全然敬遠していた人たちも勢いやってみようと思い立ちます。それはそれでいいことだし、そういう前向きな人たちは私は好きです。

 そんなわけで、私はここ最近で、いったい幾度、機械を買うところからレクチャーしたことか。うーむ。

 私を知っている人は殆どの人が“私がリンゴのまわしもの”っつーのも知っています。故に、私に「パソコン何を買ったらいい?」と質問することは、とりもなおさず、Macを買え、と云われることを想定していると云うことでしょう。その限りでなくとも、私はひたすらにMacを薦めます。もちろん、その人が「パソコンで何をしたいか」によって答えは当然変わって来るんですけど…。

 「えろげ」したいんやけど…、という理由ならばWindowsマシン以外に選択肢はないといえますし、10万円以下でという条件ならばやっぱりWindowsマシン以外にないですけども…(執筆当時)

 でも、いずれにせよ、私はどんな時でもこう云います。

 「やっぱり、Macがいいよ、ちょっとくらい高くても」

 と。

Macよいとこ、いちどはおいで☆ …でもね…

 なんでやー! という声が聞こえてきそうですけど、…だって…そうなんだモン。Macのがいんだモン。絶対、いんだモン!

 理由なんですけど、とにかく、「保ち」がいいんですわ。現在の私のメインマシンなんか、5年以上前に買ったってのに(2000.05.19現在)、未だに現役ばりばりだし。もちろんチューンナップしながらだけど、それでもこの「保ち」の良さには脱帽です。

 普通、何十万円もの買い物だったら、「一生モンでしょう」とか思うでしょ。パソコンはそういうおセンチな経済観念から逸脱した存在ですので、例え何十万円かかろうとも、限りなく使い捨てに近いものだと云えます。

 自動車なら「資産」になりますが、パソコンは「粗大ゴミ」です。

 価値の暴落が日常にへばりついている、消費社会最悪の寵児的存在、といってもいいでしょう。

 個人的見地から云えば、Windowsマシンの寿命は、保って3年だと思います。私の娯楽マシン「PC-9821 Xa16」なんか、ゲームマシンとしても辛い状態になってきました。普通のえろげでも、だよ? …つっても、最近あまりゲームできてないんだけど…。暇がないの、暇が。

 で、その観点から云えば、Macはかなり保つ方だと思います。さすがに、ちょっと昔ほどは保たなくなってきたとは思うけども、でも、現役期間は相変わらず遥かに長いんではないか、と思うのです。

 故に、Macおすすめですよっ!!

 ………

 ……

 …

 …

 …でも、です。そうも、云ってられなくなりそうです。ここ最近のAppleの商売を見ていると、どうも、そんな気がしてならないんです。

 簡単な例でいくと、既にやたら売れてる『i』なシリーズ。これらは、完全に、ハードウェア的なアップグレードは不可能でしょう。方法があるのかもしれないけども、今現在のCPUアップグレードカードの様に、楽ちんに差し替えられるってもんではなさそうです。Rev.A〜DまでのiMacならば、NEWERのおかげで、なんとかCPUを差し替えれそうなんですが、上記以降のiMacでは、CPUが完全にロジックボードにつけられてますし、拡張スロットもメモリスロットのみしかないので、もしも方法があったとしても、かなり難しそう。iBookに関しては話すまでもありませんです。

 …と云うことはつまり、ここ最近のMac、それも売れてる『i』なシリーズは、CPUを高速化することは諦めた方が良い、と云えましょう。これはすなわち、「短い寿命」を指し示しているわけです。

 ならば、どうすればいいか?

 問題はそこです。快適なスピードを維持するためにはどうすべきか。

 (1) 絶対にメモリは限界まで搭載すべし。
 (2) 大容量・超高速HDを出来うる限り搭載すべし。
 (3) なるたけ機能拡張にドライバ等をインストールするソフトは使わない。
 (4) 遅くなってきたと思ったら、速攻でHD初期化でシステム再インストール

 そして、究極としてこれでしょう。

 (5) アプリケーション及び、OSのバージョンアップはしない(笑)

 これに尽きます。

 どんなに新しい魅力的なソフトが出たとしても、決してインストールしちゃイケナイ! そんなことをすると、ますますマシンが遅くなっていってしまいますもの。だから、例え喉から手が出ても、じっと我慢なのです。

 現在よりもレベルの高いことをしようとするからマシンパワーが必要になるのであって、そんな贅沢を思いつかなければいいのだ、と云う結論に私は立ってます…。

 それに、ソフトをバージョンアップしても、そんなに作業効率は上がらないモンですって(笑) …あたしだけかしら☆…おほほ…

 新しいことをしようとしてバージョンアップするというのなら、いっそのこと新しいマシンを買うべきかもですね。その方が、いいような気がする。

 欲しいものを前に、じっと我慢! …漢(おとこ)はこうでなくては。

 それよかいっそ、アプリもOSもどんどんバージョンアップしちゃって、どんどん遅くなるマシンを意地でも使い続ける、ってのも漢(おとこ)かもしれない。

 ああ、魂の叫びを聴け!って感じで。

 ただ、単なる“WEBサイトブラウジングマシン”になっているのならば、そんなに困るような問題じゃないのかもしれませんけどね(鬼)

2000.05.19.wrote


●戻る●
OS9.2.2以前限定? 激love Macintosh