Radio屋〜Office Radio Isotope on web NEO〜・本館 TopAbout MeDrawingRaedingPokemonDojinLinksBBSBLOG
●DOJIN woRks
  Top >> DOJIN woRks >> 2010
『秘話 〜ないしょのはなし3〜
 ヒビキ君改造計画』

  オフセット/A5版/36P/全年齢
  2010年12月29日(C79初日)発行
  [在庫極小] 頒布価格500円

  お求めはメールにてお問い合せ下さい。
  自宅通販のみ受け付けます。
  イベントには持っていきません。
3度目のコミケ当選で制作いたしました。3冊目のオフセット本ということで、HGSSの配信イベントをベースにお話を作りました。『ヌオ様といっしょ』ではサブキャラ的な位置付けになっていますが、舞台となる地方ではしっかりと主人公のヒビキ君とコトネちゃんを活躍させたい余り作ってしまった本。ポケモン映画のラティアスが人間に姿を変える設定を取り入れています。
HGSSでの配信イベント“こころのしずく”の内容をベースにしたお話になっています。ストーリー的には『ヌオ様といっしょ』の65話と67話の間に入るお話になっていますが、その内容を知らずとも読める内容です。
[あらすじ] 対抗戦にリストアップされたヒビキ君。この地方のチャンピオンであるはずの彼は自信を無くして意気消沈、そのヒビキ君をなんとか力づけようと策を練る廻りの人間とポケモン達。さて、その効能は如何に?
[主な登場人物] ヒビキ、コトネ、シロナ、ヒカリ、マイ、コウキ、ダイゴ
[主な登場ポケ] ラティアス、ラティオス
サンプルページ(別ウィンドウで開きます)
pixiv ・blog
秘話のおとなしりーず3:全年齢だよ1
 シキミさんがんがる!!/
 はかせvsきせい』

  レーザープリンタ出力/A5版/20P/全年齢
  2010年12月29日(C79初日)発行
  [完売] 頒布価格300円
丁度この年の10月に発売されたBW、そこに登場するシキミさんを描きたい! と思ったのですが、丁度その頃、同人界隈では表現についての規制問題で大変な状況になっており、その問題に博士が立ち向かう話を思いつきました。……どちらも描きたい……、と言うことで出来上がったのが、右扉左扉、どちらからも読める“ハイブリッド本”でした^^;
[あらすじ] 『シキミさんがんがる!!』カントーで行われるという同人誌即売会への参加を控えたシキミさん、出発直前になっても原稿が出来ない! ……さてどうするどうなるシキミさん(・ω・)
『はかせvsきせい』自分で描き始めた博士、しかし世間はエロ大規制の嵐の渦中。そんな中博士が考えた対抗策とはいったい?
[主な登場人物] 『シキミさんがんがる!!』シキミ、トウコ、トウヤ、チェレン、ベル、カトレア、フウロ
『はかせvsきせい』ナナカマド、ミル 作中モデルとしてヒカリ、マイ、スズナ
サンプルページ(別ウィンドウで開きます)
pixiv ・blog
『秘話 〜ないしょのはなし2〜
 はなばたけのふたり』

  オフセット/A5版/36P/全年齢
  2010年8月13日(C78初日)発行
  [在庫極小] 頒布価格500円

  お求めはメールにてお問い合せ下さい。
  自宅通販のみ受け付けます。
  イベントには持っていきません。
冬に続き、夏コミケに当選できたため、頑張って作りました。2冊目のオフセ本です。徐々にコミスタに慣れつつはあります。登場人物の殆どがヒカリとマイのため、髪のベタ処理が異常に大変でした。黒髪キャラが多いとかなり苦労するんだな、というのを体験しましたです。でも、お気に入りのキャラ二人なので、描いてて楽しかったのは事実です♪
プラチナでの“オーキドのてがみ”のイベントをベースにしたお話になっています。ストーリー的には『別荘日記』と『ヌオ様といっしょ』のちょうど間の話、となります。
[あらすじ] “デオキシス事件”を乗り切ってのほほんと過ごす別荘のコウキのもとに、オーキド博士からの手紙が届きます。色々とばたばた忙しいコウキ君、海割れの道に、コウキの代理としてヒカリとマイを派遣、その際のヒカリとマイのやりとりのお話、です。
[主な登場人物] ヒカリ、マイ、コウキ、オーキド、シロナ
[主な登場ポケ] シェイミ、みわさん、チルット
『秘話 〜おとなのはなし2〜
 ミルのスケッチブック』

  レーザープリンタ出力/A5版/20P/R-18
  2010年8月13日(C78初日)発行
  [完売] 頒布価格300円
大人向けの内容を描けない俺、というのを、ある意味開き直って作った本です。おかずにゃなりません。でも、前回のお遊び本と同じように、手間だけはかかってる本だったりします。こういう18禁もありかなぁ、とか思いつつ、結局誰得な本だったりする辺りが何というかダメすぎるわけですが。
pixivで一度だけ描いた「ミルのスケッチ」をベースにしています。
[あらすじ] 昨年冬、イベントでの頒布用にナナカマド原作、挿絵ミルで本を作った二人。博士は当初、5万部印刷する予定だったが、同人経験豊富なミルの指摘でその部数を減らしたのであった。イベント自体は無事滞りなく終えたのだが、博士がこっそりミルの指示を裏切り、大幅な部数増で印刷していたことが今回突然発覚。続刊を作りたい博士は説教されるのだった、てな感じ。
[主な登場人物] ナナカマド、ミル 作中モデルとしてヒカリ、マイ、シロナ、メリッサ、スズナ、スモモ、コウキ、ダイゴ、オーバ、デンジ
 
  Top >> DOJIN woRks >> 2010
  2009 / 2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / アンソロジー・合同本 / 通信頒布について